本文へ移動

センター概要

センター開所までの歩み

1994年〜

1994年 大津市通園事業が開始し、その事業をびわこ学園が受託しました。
 大津市における“大津方式”や“障害児保育”の「申し子」のような人たちが養護学校を卒業することになって日中活動の場が必要になっていました。
行政担当者がニーズを感じとりつつ、当時の施策の重点課題として重症心身障害者の日中活動の場が必要であることを認識しての新規事業でした。 
 

1996年〜

1996年に北大津養護学校から障害の重い方が卒業されてこられました。そこで滋賀県大津市の坂本地区に『すみれはうす・さかもと』が誕生することになりました。この時には医療的ニーズも発生し、看護師の配置も必要になりました。

 「すみれはうす」は瀬田と坂本の2か所になり、瀬田の方はもとは自治会館であったところを部分的に改修したものでしたし、坂本についてもプレハブの建物でした。結局仮住まいという認識で2か所の整備をしてきたので、早くきちんとした耐震設計がされた施設の中でのびのびと日中の活動・療育をしたいという思いを強くしてきていました。

2000年〜

このまま「仮住まい」ではいけないということで、家族の運動も盛り上がり、やまびこ総合支援センターの中に「さくらはうすJと「すみれはうす」を誕生させることになりました。

 

 また養護学校や「すみれはうす」「やまびこ園」の親の会を中心に何度も話し合い、○送迎○給食 ○プール ○宿泊できる施設 ○リハビリテーションなどの専門スタッフの配置 ○ヘルパー事業 ○相談機能などの要求をだし、そのほとんどが実現するという画期的なスタートでした。

 その経過から、生活支援センターもできたともいえます。通所部分でいえば、人員配置はいずれ訪問療育をするような形も展開することも視野に入れ、職員の人員配置を考えはじめました。障害の重い人たちが絶対に入ってくるし、その人たちのためのセンターにしていく必要があり、看護師の配置はセンター発足時につけておかないと後からなかなか配置できないので、出発当初に5人配置することにしました。

 障害の重い医療的ケアの必要な人たちが通所されたときにはきめ細かな対応ができるよう、姿勢だとか食事だとかそれにみあった車イスや椅子が必要になってきます。そうした視点で常時見る専門職が必要です。やまびこ園の指導も合わせて3名のリハビリ.スタッフも配置してもらいました。こうした専門スタッフを配備することで、障害の重い人たちを受け止めていく基盤ができ、スタートしました。  

8つの理念

発達保障

「人はどんなに重い障害をもっていても、だれととりかえることもできない個性的な自己実現をしているものなのである。人間と生まれて、その人なりの人間となっていく。その自己実現こそが創造であり、生産である」。私たちは、その「人間の発達に取り組むなかで、発達的価値が創り出されていくことを人間の尊厳のあらわれとして認め、それが本人自身のものとなっていくことまでのとりくみをへだてなくすべての人の場合に権利として保障していく」ことをめざします。それは、人間らしく豊かに生きることをつくりだしていくことともいえます。 

人権保障に例外を作らない

この人間の尊厳と人権を守り保障していこうとする私たちのとりくみは、ケアマネジメントを通して、人権保障をしていく上での例外をなくしていくとりくみでもあります。それは人権保障における例外のない地域や社会をめざすとりくみともいえます。

ノーマライゼーションの推進

とりくみの手だてや方向は、その人への援助のあり方(本人支援)を大切にしながら、活動や集団、暮らしている地域や社会を動かし、人間らしく豊かに生きていくことができるノーマライゼーションの実現に寄与していきます。まさにその人が生活の、そして人生の主人公となっていくようにとりくみます。さらに、本人支援を基盤にしつつ、本人を含めた「家族としての営み」を支えていきます。そのためには、家族やライフサイクルにまたがる各機関との連携やとりくみが求められ、そのことを積極的にすすめていきます。

自己変革のねがいに寄りそう

障害を持つ人たちの生活を支えるということは、本人自身の要求とともにその家族の真のニーズを受けとめ、引き出し、本人とその家族の生活のしづらさを解消し、お互いさらに人間らしく豊かに生きていくことができるようにしていくことでもあります。そのニーズは、単に表面的なものだけではありません。本人と家族の「人間らしく生きたい」ということへの自己変革と自己実現のねがいでもあります。私たちは、そのねがいに応えることで、その人や家族の希望を育み、目標と展望をともにつくりだしていくことをすすめていきます。それは、私たちが、本人や家族と、信頼関係と共感関係を育て連帯しあう関係をつくるなかで展開していかなければなりません。

職員も共に歩む

 私たちは、障害を持つ人たちのさまざまな権利を守り、具体的な生活を支え、生きがいとなる時間や場や関係を産みだし、そのとりくみを通して、その人やその家族とともに私たち自身もそこから多くのことを学びながら成長・発展していきます。

どんなに障害が重くても、いのちを輝かせる

日常的に医療的なケアや支えを必要とする超重症児者も含めて、どんなに障害の重い人たちであっても、そのことによってその人(や家族)の生活や活動や権利が脅かされることのないように、医療・リハビリのスタッフを配置し、いのちを輝かせる支えを展開していきます。

五つの壁を越える

私たちの実践は、次の五つの壁を越えた実践の展開をめざしていきます。
1.「利用したくてもサービスがない」
2.「知らない、知らせない」
3.「サービスがあっても(制約があって)利用できない」
4.「すぐに利用できない(利用できるが時間がかかる)」
5.「利用したいがフィットしない」

実践の検証

私たちのとりくみは、とりくむことに自己満足することなく、障害を持つ人やその家族によって吟味、検証され、また一方で市民、地域の人びとの意識などといった「社会」のなかでも検証されながら、それらの変化や発展によって評価し評価されていきます。その中での困難点や不満、課題などの矛盾から、新たな次のとりくみへの展開を産みだしていくものです。

社会福祉法人びわこ学園
滋賀県野洲市北桜978-2
TEL.077-587-1144
FAX.077-587-4211


障害児者の医療福祉総合支援


びわこ学園医療福祉センター草津
滋賀県草津市笠山八丁目3-113
TEL 077-566-0701
FAX 077-566-0308

びわこ学園医療福祉センター野洲
滋賀県野洲市北桜978-2
TEL 077-587-1144
FAX 077-587-4211

びわこ学園障害者支援センター
滋賀県守山市石田町707
TEL 077-585-8040
FAX 077-585-6550

 

知的障害児者地域生活支援センター
滋賀県大津市馬場二丁目13-50
TEL 077-527-0494
FAX 077-527-0334

びわこ学園長浜診療所
滋賀県長浜市小堀町122-1
TEL 0749-53-2771
FAX 0749-53-2774

TOPへ戻る